読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

テクニカルプア

備忘録と若干の補足

Intel Dual Band Wireless-AC 7260 で 802.11ac な通信を実現した

気持ち的には

の続編な気がしないでもない。
なかでやっている事は全く異なるが。

インテル デュアルバンド 高速 Wi-Fi 通信Band Wireless-802.11 AC Intel 7260 最大リング867 Mbps+ Bluetooth 4.0 無線LANカード
これを買ったので X201s に実装した。Lenovo 謹製の BIOS だと ここで説明がある ように

1802: Unauthorized network card is plugged in Power off and remove the miniPCI network card

が出て起動出来ないのでいわゆる mod BIOS なるものをつかう(この mod BIOS の入手が今回の作業で一番時間がかかった)。
BIOS さえ通過できればあとは何も考えずにつかえる。ドライバ云々の問題は Arch Linux デフォルトの core/linux だと何もしなくても普通に動いた*1し、.config を触っている場合でも

CONFIG_IWLWIFI=m
CONFIG_IWLWIFI_LEDS=y
CONFIG_IWLDVM=m
CONFIG_IWLMVM=m
CONFIG_IWLWIFI_OPMODE_MODULAR=y
CONFIG_IWLWIFI_DEVICE_TRACING=y

あたりをやってカーネルコンパイルしなおせば動いた*2

こんなかんじ。ちょっと遅くなってる。
f:id:aaodsn:20161107210534p:plain

これであとパームレストとキーボード(どちらもだんだんヘタってきた)をとっかえれば X201s もまだまだ使えるなあとおもう。
でもパームレストとキーボードをチマチマ買うのと新しいパソコンを思い切って買うのとどっちが有意義なのだろうと考えてしまい、悶々としている。
物欲を割り切るのは難しい。

*1:4.8.6-1 で確認した

*2:2016-11-07 に AUR からとってきた linux-ck 4.8.6-2 で確認した